キャンドル

 蜜蝋キャンドル


  
  日本みつばちの蜜蝋を頂いたので、キャンドルを作りました。

  丸い竹に芯を通して、蜜蝋を暖めて溶かし、竹筒に流し込みました。
 
  冷えて固まった時、竹から取り出すとキャンドルの形に、うまくなっていました。

  火を灯すと微かな甘い~香りがします。

  蜜蝋の深みのある黄色が何とも言えないいい色です。

  和蝋燭とは、また、ちょっと違った感じです。

  可愛い、キャンドルが出来ました。


       蜜蝋の蝋燭1.JPG



夜に火を灯したら、心穏やかになり、安らぎます。

   蜜蝋の蝋燭.JPG



蜜蝋の塊 (蜜蜂の巣)

この黄色い蜜蝋の塊をとかして、キャンドルを作りました。 少しかじってみたくなります。

他に、蜜蝋ハンドクリーム、蜜蝋ワックス等が作られているようです。
   
   蜜蝋の塊.jpg



しじゅうからのつがいが庭の隅に置いた巣箱の点検にやってきました。

孟宗竹に穴を開けただけの簡単な巣箱です。

   しじゅうから.jpg



近くの小さなお寺の境内にある姫しだれ一本桜です。

樹齢100年くらい経っています。夜はライトアップされています。 幻想的ですよー。

   法殊寺姫しだれ桜.JPG

日本みつばち

我が家にみつばち



この春から、日本蜜蜂を飼う事になりますした。

ブログ仲間の方が、飼ってあった日本みつばちを、分けて貰いました。

一般に蜂蜜と言えば西洋蜜蜂ですが、日本蜜蜂は日本で野生に生き続けてきた、みつばちです。

特徴は、西洋蜜蜂が一種類の花から蜜を集めるが、日本蜜蜂は色々な種類の花から集めます。

蜜は百花蜜と言われ貴重な物です。

性格はおとなしく、蜂は刺すと思いがちですが、ほとんど刺すことはありません。

にほん蜜蜂の生態の観察が楽しみです。




巣箱

我が家で、収穫した、百花蜜を、早く食べたい気持ち。

   蜜蜂家.jpg



日本みつばち

今から、蜜集めに出発ー。

   発進.JPG



ただいまー、蜜あつめて来たぞー。
   
   
   帰還.JPG


庭の花が満開です。
   
   開花1.JPG

   
   開花2.JPG

   
   開花3.JPG



紙を草木染しました。色がグレーに染まりました。

   グレー紙

京都の旅

京都ぶらり旅



急に、京都へ旅行に行こうと、思い立ちました。

二人で、気の向くままに、京都市内をバスに乗って、地図を見ながら、

人での多い桜の時期を避けて、わび、さびの風情を求めて、散策して来ました。

京の都の、素晴らしさを、十分味わって来ました。

写真を沢山撮りましたが、私の好きな場所をアップしました。


龍安寺

京都旅1.jpg


京都旅2


三十三間堂
京都旅3


西本願寺(唐門)
京都旅4


六角堂
京都旅5


古本屋
京都旅6


花見小路通
京都旅7


花見小路通
京都旅8


建仁寺
京都旅9


建仁寺
京都旅10


知恩寺
京都旅11


知恩寺
京都旅12


錦市場の漬物屋
京都旅13


北野天満宮
京都旅14


北野天満宮
京都旅15

手仕事

球面の灯り



    早くも3月になり、各地で雛祭り展がおこなわれています。

    地方により変わり雛もあるようです。

    佐賀の方では、佐賀城下雛祭展が歴史舘や大隈重信記念館で見る事とが出来ます。

    鍋島小紋や、手織りで佐賀錦ならではの、お雛様が飾って有ります。


    この灯りは、藤づると、竹の曲線を生かして創っています。

   灯り0027.jpg



河童の人形

私の母が、河童の人形を30体作って、みんな人にあげて、残った一体です

   河童人形.jpg



義妹が繭玉(さげもん)を作ってくれました。柳の枝に繭玉をさげている様です。

   繭玉.jpg



近所の庭では、三椏の花が満開でした。

   三椏満開.jpg

プロフィール

草木 庵(クサキ イオリ)  弥生

Author:草木 庵(クサキ イオリ)  弥生
住所 佐賀県のとある田舎町
家族構成夫婦ニ人+メダカ6尾

趣味、。
紙ヒコーキ、旅、
アート、自然
和紙、灯り他

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ