2007 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2007 05
和紙作品と小さな灯り
- 2007/04/27(Fri) -
和紙と灯り .和紙を創る時、墨を加えてグレイを主体に色と形の違った和紙を創り .それを組み合わせて作品にしてみた。( 題名 層 ) .取っての付いた小さな灯り。
. ...................20070427210830.jpg...........................20070427210727.jpg
...........................................(クリックすると画像は大きくなります。)
この記事のURL | 和紙 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
我が家の庭
- 2007/04/22(Sun) -
和紙を天日乾ししている様子。大きい和紙は今玄関マットにしています。葉書は人に出したら、風合いがいいと喜ばれ、今からの季節は早く乾きます。我が家の庭に、いろは紅葉の新緑と十二単の紫の花が春を感じさせます。(^。^)y-.。o○
20070422213705.jpg................................................20070422213953.jpg
.................................,,..............................................クリックすると画像が大きくなります
この記事のURL | 和紙 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
和紙と灯り
- 2007/04/17(Tue) -
和紙の灯り   
我が家の厠に天井から吊り下げられた和紙と蔓の灯りです。
  .....................20070417204416.jpg
この記事のURL | 和紙 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
和紙と灯り
- 2007/04/12(Thu) -
和紙の灯り................20070409212543.jpg
この記事のURL | 和紙 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
自然
- 2007/04/08(Sun) -

和紙と灯りと蔓
国立の吉野ヶ里公園に行きました。 発掘当時からはビックリするような変わり様でした。 物見櫓から佐賀平野が見渡せる広大な公園(弥生時代)です。
20070408220535.jpg..........20070408220554.jpg..........20070409214744.jpg


...........................................................................................(クリックすると画面が大きくなります。) ...
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2007/04/06(Fri) -
和紙と春蘭

20070406192934.jpg...................20070406194155.jpg..................20070406193144.jpg

 お花の代わりに友達が作った竹炭を差しました。インテリアと消臭を兼ねて。
初めてタペストリーを葦を入れて創ってみました。まだ色んな違った素材等と組み合わせて
創ろうと思います。庭の片隅にひっそりと春蘭が咲いています。

.............................................................................................................................(クリックすると写真が拡大します)

この記事のURL | 和紙 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
和紙の敷物
- 2007/04/01(Sun) -
和紙を敷物に使う。

厚手の和紙は主に花器の敷物に使います。土もの(焼き締め)の器にはとてもマッチします。
主に自然に咲いてる花が和紙には似合いますね~。かご(山葡萄)も自然の物同士だから風合いが良いですね。

.................20070401092830.jpg............................DSCF0025.jpg

......................................(クリックすると画像が大きくなります。).........................
この記事のURL | 和紙 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |