花屋さん HANA🌼



今日は、梅雨の合間で青空で、明日からも雨みたい。

わが家の近くに、2年位前に小じんまりとした花屋さんがオープンした。
いつも、お店の前を往来してましたが、
何となく、お店に入る勇気が無かった・・・・(笑)
珍しい植物が、窓際から覗いて見える。

私って可笑しいでしょう・・・やっとお店に。
ほとんどが、大小の多肉植物で初めて見る植物が多く、
とりあえず、お値段のはらない多肉ちゃんを買ってきた。
DSCN2501_convert_20170624153338.jpg

多肉ちゃんは、、水やりもあまり気にしないで良いから、楽かも。
DSCN2505_convert_20170624153400.jpg

多肉植物は、若い人に好まれて、現代建築にマッチしますね~。
DSCN2500_convert_20170624153317.jpg


DSCN2521_convert_20170624161313.jpg


DSCN2525_convert_20170624161428.jpg

桔梗
DSCN2513_convert_20170624153438.jpg

半化粧
DSCN2516_convert_20170624153535.jpg

ミニミニ園芸
狭い庭に、毎年、シシトウ、ピーマン、バジル、ミニトマトをニ苗ずつ、楽しみに植えます。(笑)
今年は、ミニトマトが沢山実って元気です!!
DSCN2526_convert_20170625143926.jpg

そして、初めてプランターにきゅうりの苗一本。土も肥料も少ない。
格好の悪いきゅうりが一本なりました。(大笑)
二人で、しっかり噛み締め・・・味が濃く美味しかったです。\(^o^)/
DSCN2510_convert_20170625143834.jpg
それから、雨が降ったせいか、2本なり始めました。ヤッター

ねむの木の花
DSC_0270_convert_20170624152918.jpg

ヒメジョオン
DSC_0276_convert_20170624153000.jpg

睡蓮
DSC_0277_convert_20170624152859.jpg




緑に誘われて



和紙は自然素材で作る。 だから緑の葉と響き合うと感じます。、
自生した(こうぞ)の木も、春は青い葉っぱの木です。
山歩きをしていると、結構目にしますよ~。 花はあまり見たことがありませんが、
ピンク色です。
この頃は、沢山保存した楮が、納屋に眠っているので、楮刈りはその内に・・・・・。

もう一つ和紙の原料三椏(みつまた)は 自生してるのも有るが、
{栽培)、たまに、家庭のお庭で見ることが出来ますね~。

和紙作りは、溜め漉き と 流し漉き があります。 
どうにか風合いのある和紙(ガミ)が出来た。!!と、しょう。
DSCN2475_convert_20170610153625.jpg

家の和紙は、素人が出来る 溜め漉き です。 
DSCN2476_convert_20170610153728.jpg


DSCN2488_convert_20170610154128.jpg

楮の花  花期は4~5月  ピンク色で可愛い!!
楮_convert_20170611145929

アジサイと。
DSCN2482_convert_20170610155022.jpg

山もみじと。
DSCN2480_convert_20170610153905.jpg

ヤハズススキ (矢羽ススキ)と。
DSCN2484_convert_20170610154001.jpg

花菖蒲と。
DSCN2479_convert_20170610153812.jpg

ギボシと。
DSCN2478_convert_20170610153841.jpg

サンキライ(山帰来)と。

DSCN2477_convert_20170610153749.jpg


庭先は、花は少なく色んなグリーンを楽しむ。!! もし広い~庭があったらも楽しみたいな~。
DSCN2491_convert_20170610161425.jpg



和紙の代表的な原料は、楮、三椏、雁皮の3種類です。

 *  雁皮紙(がんぴ)の性質. 繊維は柔軟で細くて光沢があり
その美しさと風格から紙の王(雁皮紙)(ジンチョウゲ科)と
評され重宝されています。




ねむっている漉桁 (すげた)



もう20年以上になると思いますが、山里で和紙(和紙抽象画)を制作してある方の所に、
もの凄く興味を持ち、頻繁に足を運びました。そこには、色んなアート関係の方が、
交流を深めに来てあり、今までに味わった事のない出会いがあり、
懐かしく思い出されます。

ところで、私達も和紙作りの行程を覚え、深く考えずに、岐阜の漉桁職人さんに
注文して、届いたのがこの漉桁です。 注文したのが間違いでした!!

この漉桁は、薄くて均一な厚さの和紙を作る道具で、慣れた職人さんが使うもの。
素人の私達には、使いこなせ無かったで~す。(笑)  
ガミ(和紙)を作るには、少々高価な品でした。 
勿体無い事に小屋に、長い間眠っていました。

改めて漉桁の緻密な作りに感動です!!、
DSCN2435_convert_20170602100807.jpg

あちこちに、和紙の繊維のあとが、残っていました~。
DSCN2440_convert_20170602100831_2017060516390990e.jpg

繊細な竹のすだれのようなスを、ケタにはめて あります。
DSCN2441_convert_20170602100859.jpg

涼しさを求めて・・・。
DSCN2466_convert_20170605162809.jpg

ピーマンと一緒に。
DSCN2468_convert_20170605162839.jpg


DSCN2471_convert_20170605162912.jpg


DSCN2473_convert_20170605162957_2017060516442099b.jpg





和紙と言えない和紙



楽しかった旅から帰って、スローライフの日々です・・・。
身体の、あちこちが痛み、物事を発信する気力がイマイチです。

誰の言葉か忘れたが、「おもしろがって生きれば、人生おもしろくなってくる。」
その人の考え方次第ですね~。

毎日良いお天気ですが、もう直ぐ、嫌~な梅雨期に入ります。
喜ぶ方もおられるでしょうが・・・・。
その前に、庵&弥生が久しぶりの自己流和紙作りです・・・。
DSCN2445_convert_20170602100435.jpg


我が家の和紙作り。
簡単に行程を話しま~す。(笑)
自生した楮{こうぞ}の木を狩ってきて、自宅で蒸して 
皮をはいで、乾燥させて保存しています。

羽釜に保存していた楮と石灰と水を入れて、柔くなるまで数時間、煮ます。
柔くなった楮を水でよくさらします。

さらした楮を木槌(きずち)で、繊維がほぐれ柔くなるまで叩きます。
繊維がほぐれたら、水と練り剤(ビナンカズラ)を入れて
よくかき混ぜます。

(説明下手で上手く伝えきれませ~ん)(T_T)
DSCN2429_convert_20170602100210.jpg


練り剤、ビナンカズラ(美男葛)の蔓と水をかき混ぜたら、ネバネバした液になります。
これがないと、和紙を作ることが出来ません。(和紙の繊維を絡める役目をします。)
DSCN2430_convert_20170602100233.jpg

ベランダの下で作業をして、何~とベニア板に貼り付け、庭先で乾かしてま~す。
風情が無いでしょう~(笑)  乾いたら和紙をベニア板から、はがします。
DSCN2433_convert_20170602100323.jpg

天日干し中  夏は太陽の日差しが強いので、アーット言う間に乾きます(@@)!!
我が家は、井戸水ですが、水道水では、パリッとした和紙は出来ません。
DSCN2446_convert_20170602100458.jpg

各地で梅雨近くになると、アジサイ祭りや菖蒲園で賑わってます~。
DSCN2452_convert_20170602100656.jpg


DSCN2453_convert_20170602100719.jpg


DSCN2447_convert_20170602100528.jpg


DSCN2450_convert_20170602100548.jpg


DSCN2455_convert_20170602100742.jpg


花_convert_20170602192723


DSCN2457_convert_20170602103050.jpg

友人が長野に住む、子供の所へ行ってきた~。と
ワサビの粕ずけ土産。
DSCN2444_convert_20170602100408.jpg



富士山の旅    



身延山  
( 山梨県南巨摩郡身延町と早川町の境にある山) 高さ1153 m                                                                            
2泊3日の旅もいよいよ終わりつつ、 身延山に やって来た。                            
山頂へはロープウェイで。 頂上の展望台から雲の合間に、富士山を見ることができました。
北側からは、南アルプス連峰、 八ケ岳連峰など絶景が見れました。\(^o^)/ 5月12日撮影
DSCN2412_convert_20170525095000.jpg


DSCN2413_convert_20170525095049.jpg

ヤマザクラに出会いました。
DSCN2417_convert_20170525095213.jpg

下界を覗くかのように、ヤマツツジが、ポッカリ咲いてました。
DSCN2418_convert_20170525095232_20170526213000a24.jpg

身延山久遠寺  
1274年、鎌倉時代に日蓮聖人が身延山へ入り
「法華経」の読誦と門弟たちへの教導に終始していた、日蓮宗の総本山です。
DSCN2415_convert_20170525095130.jpg

本堂
DSCN2420_convert_20170525095256.jpg

祖師堂 (祖師堂で日蓮の心霊がある堂閣)
DSCN2421_convert_20170525095317.jpg


DSCN2424_convert_20170525095417.jpg

久遠寺しだれ桜の時期は、観光客の目を楽しまさせているそうです。
樹齢400年で全国しだれ桜10選のひとつです。
DSCN2426_convert_20170525095455.jpg


五重塔
2009年5月、明治8年の大火による焼失より134年ぶりに よみがえった宝塔。
DSCN2423_convert_20170525095342_convert_20170526204630.jpg


DSCN2427_convert_20170525095514.jpg

移動の時間が長く、もう幾つか予定の名所を見れなくて、残念です。!!
長々と、今回の旅の写真を見て頂き、有り難うございました。



富士山の旅     



富士花鳥園
富士花鳥園は、静岡県富士宮市にあるテーマパークの一つ。
花の中で鳥と遊べる全天候型テーマパーク。
フクシアやベゴニアが配された大温室の中でインコやフクロウたちと直に触れ合うことが出来ます。

この場所は、記念写真を撮る、撮影場所。 バッチリのスポットです。!!
富士山旅行写真_(23)_convert_20170521211851

こんな綺麗な花に囲まれ、私も美人なれるかな??  もう手送れか・・・。
富士山旅行写真_(25)_convert_20170524161223

天井から下がる植物、デカイ!!  温室では良く育つのでしょう~。?
DSCN2395_convert_20170521211320.jpg

フクシアの花、ピンボケばかりで、アップする写真が無い。
DSCN2401_convert_20170521211550.jpg

すべてベコニア。色とりどり。
DSCN2396_convert_20170521211345.jpg


DSCN2399_convert_20170521211443.jpg


DSCN2407_convert_20170521211652.jpg


DSCN2408_convert_20170521211717.jpg

赤、白、ピンク、黄色…一面のお花、圧巻です♪  しばらくは、お花、見無くてもいいかな~。(苦笑)
富士山旅行写真_(22)_convert_20170521211828

幽雅な気分になりますね~。
DSCN2397_convert_20170521211418_2017052313385816a.jpg


富士山旅行写真_(27)_convert_20170521211939      

大温室の中で インコやフクロウたちと直に触れ合うことが出来きます。
フクロウ、可愛いでしょう~。 表情変えずに、何を考えているのだろか・・・・?
富士山旅行写真_(28)_convert_20170521212003





富士山の旅   




久保田一竹美術館 

富士河口湖に位置する、辻が花染で有名な一竹の美術館です。
自然なお庭で、滝も流れており、和洋で、スペイン風な、変わった美術館でした。
「交響」と言う題で美術館内は富士山の作品を含め数十点展示してありました。

DSCN2389_convert_20170520150407.jpg

辻ヶ花染で富士山をモチーフした色合いが独特で圧倒されました!!
DSCN2382_convert_20170520150620.jpg

山の斜面をうまく使って建てられている。
DSCN2384_convert_20170520150558.jpg

お庭から、ちらっと富士山が見えました。
DSCN2383_convert_20170520150527.jpg


DSCN2388_convert_20170520150741.jpg


DSCN2381_convert_20170520150436.jpg

クマガイソウ (熊谷草)
DSCN2385_convert_20170520150647.jpg


DSCN2387_convert_20170520150716.jpg

オルゴールの森
DSCN2390_convert_20170520150814.jpg


DSCN2392_convert_20170520150841.jpg

河口湖から見た富士山。
DSCN2373_convert_20170520150337.jpg




富士山の旅        2017 富士芝桜まつり



二日目は、レンタカーを借り、まずは 富士湖芝桜まつり に向かって。
連休を過ぎた頃で、人は多かったけど、渋滞には巻き込まれず、時間の無駄が無かった\(^o^)/です。
本栖湖リゾートに約80万株の芝桜が富士山麓の広大な敷地に咲き誇っています。
鮮やかな色 のコントラストが美しい、富士山を彩る芝桜です。 

DSCN2339_convert_20170518110941.jpg

芝桜の富士山。  
DSCN2329_convert_20170518105610.jpg

花から元気を貰い、癒されますね~。
DSCN2326_convert_20170518105529.jpg

私の身も心も、ピンクに染まりそう~。 皆さん、カメラのシャッター、押しっぱなし!!
只々富士山と芝桜しか目に留まらなかった。人の顔なんて一人も見てない・・・・。(笑)
DSCN2348_convert_20170518105901.jpg


DSCN2347_convert_20170518105843.jpg

先程、芝桜の富士山、遠くに見えます~。
DSCN2343_convert_20170518105754.jpg

薄ピンクの芝桜。
DSCN2342_convert_20170518105650.jpg

富士と本栖湖と芝桜、まるで写真のよう~??? 
DSCN2352_convert_20170518110022.jpg


DSCN2357_convert_20170518110052.jpg


レンギョウ
DSCN2358_convert_20170518105927.jpg

クマガイソウ
DSCN2362_convert_20170518105945.jpg


DSCN2364_convert_20170518110143.jpg

アネモネ ・ ムスカリ
DSCN2327_convert_20170518105550.jpg

ピンクのジュータンとお別れするのが名残惜しい・・・・。
DSCN2359_convert_20170518110124.jpg





富士山の旅   




今回も元気に旅出来る事に感謝です。!! 
毎回、ツワーで旅してましたが、今回は庵が行きたい名所をピックアップして色んな手配して
自由に動ける事はできるが、いつもと違った緊張感のある旅でした。
何歳になっても、新しい発見をする事が、醍醐味です。!!


富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)
(静岡県富士宮市)
白糸の滝_(1)_convert_20170514124326   


白糸の滝_(2)_convert_20170514124346

湧玉池は富士山本宮浅間大社の東脇門を出た付近に存在します。
国の特別天然記念物に指定されています。(1952年(昭和27年)指定)。
白糸の滝_(6)_convert_20170514124450

池の水はすべて富士山の伏流水からなるものであります。
白糸の滝_(3)_convert_20170514124404

透明感のある水は、身も心も癒されます。オアシスみたい。 梅花藻も咲いていましたよ~。
白糸の滝_(5)_convert_20170514124425

白糸の滝 (静岡県富士宮市)
崖から湧き出した水が、横幅約 150m ( 落差 20m) に渡り流れ落ちています。
滝の数は大きいものから小さい ものまで白いレースのカーテンみたい。
白糸の滝_(8)_convert_20170514124519

富士山からの湧き水の滝は、珍しいそうです。
また浄化のパワースポットとしても有名です。
暑い夏は、マイナスイオンがでて、涼しそう~・  
白糸の滝_(9)_convert_20170514124536


白糸の滝_(12)_convert_20170514124558


朝霧高原からの富士山
夢だった富士山に会えて感激!! すぐ側に頂上が…・\(^o^)/
あまりにも、近すぎて(@@)

庵は若かりし頃、朝霧高原の中にある建物に一年間住んでいました。
富士山と半世紀ぶりの再会です!! 日頃、口数が少ないがその建物が残って
いたので、昔の思い出話や、記念碑他を色々説明してくれました (笑)
白糸の滝_(13)_convert_20170514124640

この日の前日は、曇り空で今日は嬉しい事に快晴 鮮やかな空に堂々とした
日本一の山、に出会いました。後日はまた曇りで見ることが出来ませんでした。
白糸の滝_(17)_convert_20170514124706





第25回佐賀県書道展    5月20日まで




5月も中旬になると、日中は汗ばむくらいの日があり、新緑がますます輝く頃になります。
雨模様も多く、日ごとに緑が伸ぶと共に、草も元気に伸びますね~。

書道展も25回もなり、ついこの頃始まったような気してましたが、25、年令を重ねました。
(@@) 一般公募から数百点数の出展の大きな展覧会です。


前衛書   題     心の旋律(リズム)         佐賀県立美術館
DSCN2277_convert_20170508165156.jpg
りんごみたいな曲線の中に、板目調の平面の上に♪でリズムを表現。 
さあ~何の歌でしょう ?


DSCN2276_convert_20170508165136.jpg


DSCN2275_convert_20170508165111.jpg


佐賀県立美術館から野外の景色。
DSCN2278_convert_20170508165217.jpg


DSCN2280_convert_20170508165240.jpg

新緑の木々のコントラストが 目を楽しませてくれます。
DSCN2282_convert_20170508165307.jpg

絵画の様な風景で、たたずみたくなります。
DSCN2284_convert_20170508165336.jpg

佐賀城正門   (県立美術館の側にあります。)
DSCN2286_convert_20170508165355.jpg

鍋島直正公の銅像 ( 佐賀の七賢人の一人)
佐賀城公園内に佐賀藩第10代藩主 鍋島直正公(生誕200年)の銅像が
29年3月に再建されました。   
七賢人 ( 鍋島直正、 島義勇、 佐野常民、 副島種臣、 大木喬任、江藤新平、 大隈重信)
DSCN2287_convert_20170508165415.jpg

美術館の帰りにギャラリーへ
ギャラリーのオーナーが、ニュヨークMoMA美術館で買ったそうです。
葉書他を沢山はさめる、オシャレなデザイン。
DSCN2289_convert_20170508165435.jpg

これは名刺を沢山指し込まれる。可愛いフォルム。
DSCN2290_convert_20170508165517.jpg



プロフィール

草木 庵(クサキ イオリ)  弥生

Author:草木 庵(クサキ イオリ)  弥生
住所 佐賀県のとある田舎町
家族構成夫婦ニ人+メダカ6尾

趣味、
和紙‥灯り作り。
紙ヒコーキ、旅、
アート、自然 他

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ